反省と後悔
今日は楽しい記事じゃないので、
小鳥に興味のない方はスルーしてくださいね(。-人-。)


パールに異常が見つかりました。

10月に、突然壁に激突して足を痛めて病院へ行ったパール。
その時の記事はコチラ→

その時病院の先生に、ろう膜の色がオスっぽくないと指摘されました。

ホルモン異常の可能性があるから、また来なさいと言われていました。

あれから3ヶ月。


行かなきゃ行かなきゃと思いつつ、
元気なパールを寒い中連れ出すのが心配で、先延ばしにしていました。
(病院の待合室には一組しか入れず、屋外で待たなければならないのです)


でも、もっと早くに行くべきでした。


先週の土曜の夜、寝る直前に私の枕元にとことこ歩いてきたパール。
おしりが、膨らんでいました。

まるで、女の子が卵を抱いているかのような・・

ヤバイ・・・

さわるとふわふわやわらかい。

内臓が腫れている?
何か出来てる?


・・・いつから?


2、3日前からお尻を足で掻く仕草をしてたのは、これのせい?

d0170109_11431137.jpg

↑コレは今日撮った写真。おしりのあたりの羽がもこっと膨らんでいるの、わかりますか?



次の日病院へ行き、レントゲンを撮ってもらうと

「おそらく精巣が腫れていると思われます」

男性ホルモンが過剰になると女性ホルモンも増え、
オスがメス化することがあるそうです。

ろう膜の色の変化はその兆し。


小鳥の変化に常に注意を払って、
少しでもおかしなことがあったら病院へ。



何回も、何十回も聞いて、言われて、自分でも十分解ってるつもりでしたが
「つもり」でしかなかったみたいです。


体重が増えたとき
ろう膜の色が変わったとき
オスの発情行為をしなくなったとき



後から考えれば、おかしな点はいくつもあった。
どこかで、気づかなきゃいけなかった。


パール、本当にごめんね。
気づいてあげられなくてごめんね。



ひたすら反省と後悔の1週間。。。




今は過剰に分泌されているホルモンを抑える薬?を投与しています。
・・・でも、効くかどうかはわからないそうです。
効かないまま腫れがどんどん大きくなってしまったら、
いずれ歩けなくなったり、他の内臓を圧迫して別の症状がでるかもしれない。



そして1週間後の昨日、もう一度様子を見せに行ってきました。
1週間程度ではすぐに腫れが引いたりはしないそうで
このまま様子を見ましょうという話になり、
また1ヵ月後に診せにきてくださいということでした。

大きな声で鳴いて ご飯もいっぱい食べて
元気に床を走って飛び回っているパール。
どうかこの日々が一日でも長く続きますように・・・

d0170109_114372.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ

ここからは私の愚痴です




病院選びって難しいです。

実は、今回行った病院は、前回の記事の市川の病院ではありません。

鳥もみられるという別の病院で、
パールがウチに来た時最初に見てもらい、
その後疥癬にかかった時にも治療してもらった病院です。

異常に気づいたのが土曜の夜。
でも日曜日はどこもお休みで、唯一その病院だけ診察していたのと、
ただでさえ凹んでいるうえに市川の先生の罵倒を浴びるのは
私の精神が耐えられそうになかったから・・・
ちょっと遠いけどそちらの病院へ行きました。


先生は穏やかな男の先生。

レントゲンを撮ってもらって見せてもらい、
確かに臓器が正常な子よりも大きくなっていたけれど
それが精巣か肝臓か他の臓器かは
開腹してみないと断定はできませんと言われました。
腫瘍かどうかも、開いてみないとわからないと・・・

なにかというと
「犬猫と違って体の仕組みが違い、身体も小さいので
出来ることに限りがあります」

と言うのがなんとなく心配。


ろう膜の色の変化から、おそらく精巣だろうという話だけれど
もしそうでなかったら?

口下手な先生なので、
こちらから質問しないと話してもらえないのも不安で
セカンドオピニオンしようか悩んでいます。

市川はお叱りも怖いけど、屋外で1時間も2時間も待つのがちょっと・・
いつ予約取れるかわからないけど柏のバードハウスへ行くか・・・
あすみが丘に新しく鳥の病院が出来たみたいだけど一番遠い・・・


関東に住んでいて、病院には恵まれているはずなのに、
なにを贅沢なと言われても仕方ないです。
でも、何がベストかわからないのです。
もっと気楽に、ちょっと変なんだけど・・と連れて行けるような
病院をみつけないと、いつまで経ってもこの悩みは尽きない気がします。

かかりつけ医と専門医は別でもいいのかなとも感じました。


今回の病院でひとつ言われたのは、起きてる時間が長すぎるという点。

朝8時半に起こして(いったん夕方暗くなるけど)
夜12時まで起こしてるのは、発情を誘発するのでやめましょうと(^^;)

発情が強い子は昼間を8時間くらいに調節してくださいということでした。

今は発情行動は見られませんが・・・
ホルモンの過剰分泌を抑える可能性もあるので
短くした方がいいそうです。

実はパールの過去の写真を見ていて、気づいたのが

6月にろう膜が茶色になってから
7,8,9月はピンク色に戻っているんです。
10月はまた茶色になっている。

夏場は暑いので部屋の窓を開けっぱなしにすることが多く
大きな声で鳴く声が響いて近所迷惑かと思い
しょっちゅう布をかけて暗くしていたんです。

もしかしたら、効果あるかも?

なので今週から、夜遊びはナシ!です(´;ω;`)
朝、パールを起こして、私が出勤するまでの間
30分くらいをパールの放鳥時間にして、
夜は帰ってきてからも暗いままにして
かごの掃除をして餌を足して、薬飲ませたら就寝。

さびしいけど・・・ガマンです。

とりあえず1週間、投薬と昼の時間を短くする作戦で
様子を見ます。
柏、明日電話してみようかなあ・・・
[PR]
by aile-pipi | 2011-01-23 12:03 | パール
<< 精巣腫瘍でした・・・ ベランダの多肉たち >>



お花と小鳥が大好きです。 今はわんことダンナと3人暮らしで、小さいお庭で育てている お花のことなど綴っています。   セキセイインコのパールが 2011年3月11日 天国へ旅立ちました
by tomo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
最新の記事
しばらくお休みします
at 2012-10-14 10:38
千日紅のドライと秋の気配
at 2012-10-07 12:25
台風接近中!
at 2012-09-30 22:39
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧